*オーセンティックバーノート*

女ひとり、オーセンティックバーへ行く。

ウィスキーにトライ


「今度、イギリスに行くんですよ。

ロンドンとエジンバラに行きたいんですが、

せっかくだから、スコッチウィスキーのことを予習してから行きたいんです。」





イギリス旅行が決まって、今まで自分とは無縁だと思っていたウィスキーに興味が出た。

スコットランドはウィスキー誕生の地である。



蒸留所見学もできれば…と思っていたが、

ほとんどの蒸留所は交通の不便な場所にあるため、

車での移動手段しかないらしい。

彼の地では一人旅の予定なので、ツアーでもない限りちょっと難しそうだ。



「…で、スコッチウィスキーのことはなんにもわからないので、

とりあえず、ハジから飲んでみようかなって(笑)」


こんな大雑把な注文にも、バーテンダーの皆さんは真摯に答えてくれる。

(いや、あきらめられているだけなのか?)



「でしたら、シングルショットではなく半分の量のハーフにして、

いくつか飲み比べてみるのが良いと思います。」


「え?そんなことができるんですか?」


「はい。できますよ。」


「じゃあそれでお願いします。」



「どのウィスキーの銘柄にしましょう。」


「全然わからないから、ポピュラーなやつから。」



そう頼むと、バーテンダーさんは少し考えて、

背後の棚からボトルを3本選び、私の前に並べた。


なんか聞いたことがあるような無いようなウィスキーではあるが、

バーテンダーさんはそれらのボトルについて説明を始めた。


「じゃあ、順番に飲んでみる。始めはコレで。」


なんとなく、直感で選ぶ。


「飲み方はどうなさいますか?」


「ん?どんな飲み方があるの?」


「ストレート、オン ザ ロック、水割り、ソーダ割りが一般的ですね。」



実はウィスキーの水割りは、昔、田舎のスナックで飲んだことがあったけれど、

その時 水割りってなんか無理(涙) と思ったので、水割りは初めから考えていなかった。

ストレートはアルコールが強烈そうなので、いきなりいくのはこわい。

ソーダ割りは水割りと変わらなそうだし。

というわけで、オン ザ ロックにしてみよう。



「かしこまりました」と丁寧に応えると、

バーテンダーさんは丸く削った氷を取り出し、さらに回りを削ってゆく。

そして削れた氷をウィスキーグラスにコロンと入れると、

ボトルを開け、計量して氷の上から氷を包むように注ぎ込む。

そして、えの長いスプーンでクルクルとなめらかに氷を回してから

お待たせいたしました と私の前に置いた。



人生初、オン ザ ロックのスコッチウィスキー。



おそるおそる、口をつけてみる。


アルコールの刺激と、ウィスキー独特の香り

うん、思ったより悪くない。

初めて水割りを飲んだ時の苦手な感じがない。


喉が一瞬焼けるような刺激がまたくせになりそう。

ひと口、ふた口と、とけた氷との混ざり具合が変化して飲みやすくなる。

最初のを飲み終わり、後から出してくれた水を飲むと、バーテンダーさんがやってきた。



「いかがでした?」


「うん、いい感じ! 次はコレで。」



私の指差したボトルを確認してから、

失礼します と空になったグラスをさげる。

そしてグラスに入っていた氷を取り出し、水でサッと洗う。

それから別のグラスを取り出し、先ほどと同じように洗った氷を入れる。

さっきのグラスより一回り小さい。

どうやら氷にピッタリ合うグラスを選んでいるようだ。



2杯目も堪能し、

3種類飲んだところで終了。



なんとなく違いがわかるようなわからないような。


でも、ウィスキー、なんだか好きになりそうな気がする。