*オーセンティックバーノート*

女ひとり、オーセンティックバーへ行く。

お酒を計画的に飲む

 

ホテルにチェックイン。

 

このあとバーを2軒ハシゴするつもりだったが

自分の疲労具合に断念。

 

はじめの予定通り1軒にしぼる。

 

 

週末だけど、バーは相変わらずにぎわっている。

 

 

コートを脱いだ時に

少しバランスをくずしてよろけた。

 

む?これでは私が相当酔っぱらっているみたいではないか!

 

バーで飲むために一次会ではいつもの半分以下しか飲んでないのに。

 

相当酔っぱらっていたお客さんが

バーでさらに悪酔いしてしまうのを見たことがある。

 

バーに限らず飲食店では、

泥酔した新規のお客さんをお断りすることが多い。

本人は帰りたくても仲間がむりやり連れてきてしまうとか、

そういうこともあるので。

 

 

お酒は楽しく飲む。

楽しくないお酒は飲まない。

 

がモットーのワタクシ。

 

 

“今日は●時までいられて○杯飲めるな。”

 

 

最近はどうしても時間が限られているため、

始めから計算ずくで飲む。

 

経験上いつもそのくらいのペースなので計算はしやすい。

 

 

カウンター越しにバーテンダーとの会話の中で、

新しくできたバーのことを訊く。 

 

そういえば、あのバーテンダーさんどうしているのかな?

 

最近、ふと思い出してしらべてみたら、

独立してもうすでに自分のお店を開いていたのだ。

 

…いや、忘れていただけで、

前に聞いていたかもしれないが…。

 

 

 

今回は行かれなかったが、

次回、最優先で行くことにする。